検索

応用生物科学科 メディア掲載実績(2021年)

2021年に応用生物科学科の教員や学生関連の活動や研究成果で、新聞等のメディアに掲載されたものをご照会します。




小保方潤一教授と京都府立大学大学院の研究員らの研究チームが、真核ゲノムで新しい遺伝子が誕生する際、最初の転写がどのように生じるのかを世界で初めて解明

掲載・放送日 2021.06.13

メディア名  寝屋川つーしん


井上亮教授(応用生物科学科)と瀬川智広准教授(スポーツ振興センター)、藤林真美教授(食品栄養学科)などの研究グループはラグビー部員の腸内環境調査を行い、学生アスリートの腸内環境が深刻な状況であることを発表

掲載・放送日 2021.09.23、29

メディア名  大学ジャーナルONLINE、アスレシピ


10月19日、「食によるヒトの健康状態を計測するデータサイエンス」開催告知。井上亮教授が講師

掲載・放送日 2021.10.08

メディア名  日本食料新聞3頁

10月19日、日本食糧新聞社が「食によるヒトの健康状態を計測するデータサイエンス」を開催。井上亮教授が講師

掲載・放送日 2021.11.22

メディア名  日本食糧11頁


井上亮教授(応用生物科学科)、藤林真美教授(食品栄養学科)らがラグビー部員の腸内環境を調査。食物繊維不足に起因する腸内環境の乱れに警鐘を鳴らす

掲載・放送日 2021.10.30

メディア名  毎日新聞4頁(スポーツ)

*その後、サンデー毎日・京都新聞・河北新報・沖縄タイムスなどにも掲載されました


井上亮教授らは、国内トップレベルの女性長距離ランナーを対象に高強度の運動が腸内環境に及ぼす影響を調査

掲載・放送日 2021.11.22

メディア名  時事メディカル


井上亮教授と予防医療事業などを展開するスタートアップのプリメディカは、腸内細菌叢の測定・解析を行う大学発ベンチャー企業「フローラディスカバリー」(同)を発足

掲載・放送日 2021.12.14

メディア名  化学工業日報4頁



閲覧数:168回

最新記事

すべて表示